No products in the cart.

エンジン始動時に避けたい5つの間違い

at 4:52 AM by / 631 / 0

エンジンをどのように始動させるかによって、時間の経過とともにどの程度消耗し、破損し、維持費がかかるかが決まります。

1) 過度のプライミング
過度のプライミングは、地上でのエンジン火災の主な原因です。エンジンがかからなかったら、何回プライミングをやり直すつもりですか?何回プライミングし直すつもりですか?

コールドエンジン始動時には、エンジンのプライミングが必要です。エンジンのプライミングとは、エンジンが始動できるように燃料をシリンダー(より具体的にはインテークマニホールド)に入れることです。パイロットは、プライミングをやりすぎたり、何度もやりすぎたりして、エンジンに過剰なプライミングをする傾向があります。(これに対して、プライミングが少なすぎる人はほとんどいない。

2) ベーパーロックに対処するには?エンジンを燃料でオーバーフローにしない。
燃料噴射エンジンの場合、問題はエンジン停止時に始まります。高温のエンジンを停止すると、熱が上昇して燃料パイプが加熱され、燃料が気化する。突然、燃料インジェクターラインに液体がなくなり、それが問題となります。

ベーパーロックが発生した場合、唯一の解決策は、通常ブーストポンプを使ってラインに大量の燃料を送り込み、気化した燃料をラインから押し出すことです。しかし、そうすると別の問題が出てきます。気化した燃料がインジェクターラインからパージされたタイミングを正確に知る方法がないため、その過程でエンジンがフラッディングしてしまうのです。

3) 始動回数が多すぎる
エンジンのスターター制限に十分注意してください。クランキングとクランキングの間に十分な冷却時間をとらずにスターターを何度もクランキングすると、オーバーヒートしてスターターを損傷する恐れがあります。

4) 始動時のスロットルの入れすぎ
エンジンの始動が難しいときに、燃料や空気を追加するためにスロットルを前にいれ込むと、オイルが暖まる前にエンジンが過度に摩耗する可能性があります。

5) 冷えたエンジンの始動
メンテナンスの専門家であるマイク・ブッシュによると、予熱せずに冷えたエンジンを始動させると、通常運転500時間と同程度のピストン摩耗を引き起こす可能性があるという。飛行機の部品は高価なので、次の寒い冬の日にフライトに出かける前に、飛行機を予熱しておくのはいい考えだ。

強制空気予熱器や電気ヒーター(下の写真)を使ってもいいし、飛行機を暖かい格納庫にしばらく置いておくだけでもいい。

Write a review